Instagram

個人的なInstagramは鍵をかけることにしました。あまりにもプライベートすぎることを書いたりしているので、バンド用のInstagramのアカウントを作りました。


twitterと同じで
fragile_naraで検索をかけてもらえれば出ます。


基本的に写真を撮っているのは僕なので僕はあまり映ることはないと思いますが、自分のFragileとしてのソロであったり、Fragileに関わることこちらであげていこうと思いますのでフォローのほうよろしくお願いします!




と、やはりバンドとしての表だった活動がないからこそやらないといけないことがあるだろうとやることにしたけれどこれが正しいのかどうかはわからない。
でもせっかくのインターネットができるこの環境で音楽を発信するに向けた行動もなにかに繋がると思いたい。というか誰かに知ってほしい聴いてほしいと思うなら、自分たちができる範囲ならなんでもやるべきだと思う。


ソロ活動に意味があるのか、それをつけるのは俺で、結果は後からついてくると思うし、ゆりっぺと一緒にいる時間が少ない分1人用の曲ができていくがそれはそれでしかたがないことだと思う、ゆりっぺのことを忘れているわけではないのだけれど1人での活動が染み付いてきて1人用の曲作りが(元々2人用の曲を1人用にアレンジしながら変えていっているせいか)自然になってきてしまっている、今は今できる最善のことをする。

あと一曲、今作ってるやつが完成したら1人用の曲作りは一旦止めてゆりっぺとの2人用のためだけのことを考えてシフトチェンジをする。





デモばかり作りこんで、過去の俺に救われたから完成させる。まだまだ良い曲作れる。



今の俺を救ってくれた曲が、誰かの救いになればいいな。






痛烈な毒になればいいな。

9月の生駒レイブゲート

JUGEMテーマ:音楽

 

実家に住んでいた時は最寄駅から10分ぐらいでつくことができた生駒。近い。

 

 

 

共演者にSkinyloveの入鹿君。Fragileとして活動を始めたときから、入鹿君をジュエル富雄店でみかけていて

入鹿君の大学の先輩とはぶつかったり、認め合ったりしたこともあって可愛い後輩な目で見ていたけれど

LIVE自体は全く可愛いものでなく、入鹿君がやってきたバンドを少なからず、みてきたと思って

今のバンドになって、そしてソロを初めてみた。

 

みないとわかんない。あのカメラを止めるなではないが、みないとわからない。そんな感想しか思いつかないし

これからみることができる人がいたら絶対みてほしい。

 

 

そして「レレレ」

 

 

 

酔い、好い。良い!

 

 

リハでみたときクガヅハヅカムな香りがするなと思っていた。

実際ライブをみるとそんなことなくてただ良い、アプローチのしかたでレレレはこれからもっと大きくなるんだろうなと率直に思った。

 

全員が奈良人ということですごいアットホームな感じでした。

 

 

 

9月生駒レイブゲート

 

1.Kill me back

2.忙殺のfade

3.Re.eternity

4.Fragile

5.Rooser

6.ハルシオン

 

 

 

前髪切っていったせいか、須藤さんに学生イベントいけるよ!って言われたので学生に紛れて出ようと思います嘘です

 

 

次の奈良はネバーランド


sleep city



3時間は寝れている。今日も仕事頑張ろう

sleep

書きたいことはやまほどあるが睡眠をとらないといけない



Upbringing

この歳になって、いくつになったとしても涙をみると心が動揺してしまう。

こんな性格だから簡単に騙されるのかもしれないけれど、でもそれでもいいと思う。自分が決めたことだから。



という考え結局その人間に心を動かされたようにみえながらも自分大好き人間なんだと思う。


自分の行いが正しい、自分が言ってることが間違いない、信念を曲げたく無い
<



自分が決めたことだから、自分に嘘をつきたくないから




そんな自分に酔っているのだと思う。




おれはそんな人間ではないし、自分によく嘘をつくし、自分の言ってることが正しいとか思えない


かといってだれかに責任を押し付けるのは嫌いだし、全ての自分のせいだとも思うし、だれかを嫌いにならなくてすむから、どんどん自分が嫌いになっていく




中途半端な人間なんだろう、どちらの気持ちもわかれば結局どっちつかずで間に入ることばかり。





葬式は親だけで宗教上明るい雰囲気でやるし心配しないしないでくれといわれる。会社を休む必要もなくなった。



家族とはいったいなんなのか



他より時間を過ごしただけの集合体に過ぎずないのか。血なんて関係ない。戸籍上認められれば社会的に家族になることもできる。血が繋がっていても社会的に家族と思われていたとしても心の繋がりがなくなった家族だってある。

結局みえないなにかで繋がり、目に見えないものを信じ合う。
でもそれは、形でなかったとしても目にうつるものから人は人を信じるという決断をする。




日本人はみえないものばかりにお金をかける。明日のことなんてわからないのに、みえないのに。しかしわからないからこそ時間と労力の対価である金銭を使うことができるんだろう。


みんな不安なんだ。不安だから楽しんで忘れよう、忘れたふりをしよう、寂しいから一緒にいよう。寂しさを忘れよう、忘れたふりをしよう。

みんなみんなわかっている、わかってるやつは行動している。わかったつもりでいるやつはただ空を見上げているだけなんだろう。




自分が決めた約束に約束を重ねて、約束に縛られ、約束に追い込まれる。




応援が悪い風潮。応援されて俺は嬉しい。ときおりTwitterでかかれるバンドのことを直接会って話しかけてくれる人、嬉しいよ。ありがとう。




まだまだなにもできていない、ただ時間が過ぎていくだけで毒のような太陽の光が消えていく、蒸し暑さに呼吸のつらさもなくなっていく、夏が終わる。
しんどい日ばかりだった。けれど少しは成長できたのだろうか。
厳しいな夏は、大嫌いな夏に今年も勝てたな。



生きてるからな。





10年前に作った曲の評価が良かった。曲を作るたびに、これだ!!!っという曲ができるたんびに何度も今の俺は限界を突破しているんだ。と思っていたけれど、まだまだ10年前に夏に作った描けない憂鬱王には勝てないのかな。


20歳の俺と比較するものではないのかもしれない。20歳のころに憧れた30代に俺はなれたのか。まだまだ侮蔑の目を向けられてる、きっと一生向けられるから、
今の俺の苦しみだけじゃなくて10年前のお前の苦しみ含めて音楽にしてやるから覚悟しておけよ。












猫アレルギーのお前が 猫飼うことなるからな













可愛いは正義

金曜フラッシュバックfuture

毎日2、3時間の睡眠も週末になるともう身体が動けなくなってくる



今日こそ早く寝よう、何も考えたく無い





JIN

お酒を飲まないと眠れなくなった。
家族が寝静まってから毎日お酒を飲むようになってしまっている。
缶ではコスパが悪いのでボトルを買うことにしている。思ってることといっぱいあるけれどそれを思いついたようにつぶやくことができるSNSすごいな。ミュートしまくることで余計なものは回避。ちゃんとみたい友達のことがみれないし。
お酒を飲む楽しさを覚えたけれど一人で飲むお酒はなにも楽しくないというか眠れなくなって毎日お酒に逃げている気がする。このままではいけないけれどハルシオンを使用するよりマシだと思う。



LIVEの誘いちゃんと返事返せていない。
ごめんなさい。


ごめんなさい。


近鉄の社員は悪くない、あんなやりかたを持った権力者のせいだと思う。
遅くまでお疲れ様です。

小泉両打

小泉両打は、小泉が奈良大に入学してから始めたバンドおそらく全部みてきたからこそ色々あったんだなって深みを感じた、学園前にあった家のめちゃくちゃとめにくい駐車場のこととか思い出しながら観てた、かっこよかった。ニホンアルプスもまたいつか。 画像に写っているお酒は小泉が作ってくれた「マリオネット」(今日やらなかったすまん)というお酒。とても飲みやすくて酔うことができてテラマエオトナさんとたくさん話せたよ、ありがとう。テラマエさんの音楽すごく好きで、話していると人間的にとても近い部分を感じる人だった。音源も良かった。


ユウヤさんに誰か一緒にしたい人いる?と聴かれて僕の音楽に合う人がもしいたらお願いします。と答えたらテラマエオトナさんとさせてくれた。実はユウヤさんが一番俺のことをわかっているのかもしれない。





テラマエさんとは9、8年前にファンダンゴで一緒にやらしてもらっていた。
calendar of happy daysのかただった。
テラマエさん以外のメンバーは抜けてバンド名を変えて続けている。

誘われたLIVEめちゃくちゃ出たいんだけどなかなか予定合わなかったりで、なのにこうやって縁が合ってすごく嬉しい。



ありがとうB.R.BAR



次のLIVEは9/9生駒レイブゲート! 9/9 生駒 @rhebgate 入鹿(Skinny love)/レレレ(エダワカレ) 音/びーつ/みーの 17:30START/1000yen 取り置きHP、DM気軽によろしくお願いします!


奈良でやれるのはめっちゃ嬉しい。

定期的に奈良だけはいれていくぜ

Negotiator

JUGEMテーマ:音楽

 

「お前ら直接話し合え」

 

自分のまわりには本当によくあることで、「自分と同じような人間」にはよくあることなのだと思う。

会社でもプライベートでも常に話す勇気がないと判断されてもしかたない、話すことが苦手といえばそれで終わる。

こうゆう人間が特に力を持った立場にいると一番たちが悪い。いわゆるブラック企業あるある。

結局なぜ俺が、みたいなことになって間に入ることで物事を上手に進んでいく。

 

と思った時にやはり周りの人間のためになると思えば「話す」ことができるんだろ。

 

とはいえ仕事でなければ全く話すことはない。お金のため、生活のためなら誰にだってばりばり会話することができる。

 

 

 

 

 

「ライブハウス」

 

無理!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!とはいわず頑張ろう

 

自分自身変えていかなければならない、変えていけるところは変えていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

削除削除削除

 

 

だめだ、いくら書いても削除削除削除

 

 

 

吐き出せば黒い言葉ばかり、終わり


ライジング

Gyaoでブッチャーズのライジングサンでの演奏が観れるということで仕事中にグッとこらえて、今やっと観れた。

かっこいい、かっこいい。


吉村さんがいないのに、圧倒的なリーダーがいないのにリズム隊、そして田渕ひさ子さんすげえよ...


吉村さんを支え続けてきたこの2人は、吉村さんだけじゃないこの人達がいてブッチャーズなんだ、伊達じゃねえほんとうにかっこいいリズム隊だ



田渕さんもずっと憧れだ



ずっと憧れの存在でいてくれて嬉しい




興奮しすぎてWiFi繋げずに観ていたことを終わったあとで気づいたのに今月通信制限かかりますあははははそれでも良かった





bloodthirsty butchers 今だに聴いてる、一生聴くんだろうな

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
サイアミーズ・ドリーム
サイアミーズ・ドリーム (JUGEMレビュー »)
ウイリアム・コーガン,ジェームス・イハ
recommend
recommend
脳内フリクション
脳内フリクション (JUGEMレビュー »)
Gendo Takebayashi,Dee Dee Ramone
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM