黒猫と戯れる

生が一番!

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.06.07 Sunday

僕の世界と君の視界vol.1

0
     なんか変なテンション

    刺されてもいいや





    書けるうちに書こう。当日まではらはらドキドキしてたけど102人(3やったけ?)の人が来てくれて
    出てるバンドも俺のトラブル以外LIVEに支障はなかったみたいで、俺のトラブル事態も機嫌が悪いだけでスタッフまつじゅんがしっかり対応してくれた
    なんか事件もあったわけでもなく無事終わってよかった。
    携わってくれたLIVEHOUSE関係者、共演者、メンバー、スタッフ、来てくれた人たち本当にありがとうございました。


    バイトなり練習なんかが理由でこれなかった人がたくさんいたんですが、自分もはずせない
    用事を経験してるし、これからもそういったことを経験すると思うのですが
    だからこそその「何か」から今日のLIVEを選んで来てくれてありがとうございました

    言葉に表せれないぐらい嬉しい。この気持ちをこれからもずっと忘れないで、さらに深く深く感じて
    もっと自分なりの表現をしていきたいです



    LIVEの日はいつも食べることができなくて、気持ち悪い状態が続くんですが
    来れなくなって電話で応援してくれた人や後輩のゴスロリがわざわざパン作ってもってきてくれたり
    、これがめちゃくちゃおいしかった!


    ありがとう

    ステッカーを作ってくれたぱんちゃんありがとう!

    名古屋から来てくれたどいちゃんありがとう!

    SOCIOで出会った懐かしい人たちとも出会えた!

    まさかのWEIRDのぷいさんが来てくれた!

    FANDANGOで一緒にしたLADY FLASHの人も来てくれた!

    出演してくれたBONE MACHINE、Nired、完全にノンフィクション、ライラありがとうございます


    いいだしたらきりないけど、企画バンドのフロントマンのわりに話せる人とリアルに顔合わせる人があまりいなかったのでわかるかぎり書いてみた


    その日出会った人と話し、一日が終わったときに自分の中で変化を感じました



    今日は兄貴が家に引越ししてくるので手伝ってから店番に・・・・


    店番中途半端に話してたけどどうなんだ、連絡してみるか





    とりあえず、ありがとうございました!お疲れさまでした!!


    すんません急ぎなので失礼します

    ▲top